FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井野小学校 つくし学級での出前教室

Baidu IME_2013-2-18_13-43-47

定期的に行なっている「出張教室」

今回は西区の福井野小学校つくし学級へ!


臨時の体育の先生として行ってきました!

メニューは・・・


・バホバホ(正式にはバルーンというらしいです笑)

 結構ハードでした・・・

・巨大カルタ

 あゆみコーチ作!

Baidu IME_2013-2-18_13-40-4

Baidu IME_2013-2-18_13-40-46

 言葉を見つけます。

・フライングディスク

・ボッチャ

 子どもvs子ども

 子どもvsおとな


最後には、「次なにやるの~?」という声もあり!とても楽しく取り組んでくれて良かったです!

楽しみながらも、フライングディスクもボッチャもとても上手になりました^^



そのあとは・・・

Baidu IME_2013-2-18_13-43-22

教室におじゃまして・・・・給食!

Baidu IME_2013-2-18_13-43-33

なつかしい~

Baidu IME_2013-2-18_13-44-13

なかなかおいしかったので、おかわりしちゃいました!

みんなでおしゃべりしながらとても楽しい時間でした。

「このあとも帰らないで~ そして掲示係を手伝って~」

という要望もありましたが笑、後ろ髪をひかれつつ、学校をあとにしました。。。



とても楽しかったです!

学校関係者のみなさま、今回お呼びいただき、本当にありがとうございました。



あ・りーさだでは、特に子どもたちを対象として、誰でもすぐにできて、楽しめるスポーツを提案し、実際にやってもらう出張教室を行っています。
学校、その他のサークルなどなど・・・ぜひお伺いさせていただき、みんながスポーツを楽しめるきっかけづくりをしていきたいと思っています。
興味・関心のあるかたはぜひお問い合わせください!

NPO法人あ・りーさだ 札幌オフィス TEL 011-888-8880
スポンサーサイト

清田南小学校で出張教室を行いました!

去る11月21日、清田南小学校のわかば学級におじゃまし、出張教室を行わせていただきました!

体育の時間をいただき、全部で3種類のスポーツをしました。

最初に挨拶をしたときは、みんな緊張の面持ちが・・・(そしてスタッフ一同も緊張・・・)


しかし!

これで見事にみんなの緊張がほぐれました!

Baidu IME_2012-12-4_13-58-21

名づけて・・・・「バホバホ」です!笑

北海道教育大学の安井先生オススメのもの。秘蔵っ子エリカコーチが持ってきてくれましたが、正式名称がわからないわけではなく!わかりやすく「バホバホ」と名付けました


下に置いた状態から・・・・

Baidu IME_2012-12-4_13-58-47

バホっと上に持ち上げ

Baidu IME_2012-12-4_13-58-38

バホっと下にさげると空気抵抗がうまれ何とも言えない楽しい感じに

そしてこれで終わらないのがあ・りーさだの教室です!

バホバホしている間に下をくぐり、通れるか捕まえられるかという新ルールを設けると・・・みんなキャイキャイ楽しんでくれました。



これで心と体のウォーミングアップをすませると、そのあとは2チームにわかれ、フライングディスクをボッチャを交代で行いました。

Baidu IME_2012-12-4_13-59-43

これはフライングディスクのようす

キャッチディスクからアキュラシーを行いましたが、思った以上にどんどんうまくなり、びっくりしました!!



一時間足らずの短い時間でしたが、あっという間に過ぎていきました。

終わったあと、子どもたちから「とっても楽しかったです」という感想を聞けてとても嬉しかったですし、先生方も「普段より集中して楽しそうだった」とおっしゃっていただきました。

清田南小学校さんのホームページにも載せていただけました!



あ・りーさだでは、出張教室を無料で行わせていただいております。要望があればどこでも伺います!
障がいがあっても楽しめるスポーツを紹介し、笑顔になって楽しい時間をともに過ごしたいです。

ぜひお問い合わせを!


清田南小学校さん、ありがとうございました!

あ・りーさだ ギャラリー

フライングディスクフェスティバルと同時に、あ・りーさだの活動を紹介する「あ・りーさだギャラリー」のブースを設置し、これまでの活動を紹介しました。

DSCN5654_convert_20110810111315.jpg

休憩所に写真を吊り下げ、観ていただけるようにしました。




これからも、このような機会を多く設けていきたいと思います。



ちなみに、先日札幌駅前のエルプラザにある「市民活動サポートセンター」さんに、あ・りーさだのファイルを作っていただきました。

あ・りーさだの概要や、チラシ等を入れていただきましたので、機会があればぜひご覧になっていただければと思います。

フライングディスク啓発

フライングディスクの啓発事業を行いました。

フライングディスクは、放課後教室でも現在おこなっています。

やればやるほど、難しくなっていくような気が・・・

そんなフライングディスクを体験してもらおうと、7月末に行われたコパデ北海道が主催する大会、小学校3年生以下が対象のサッカー大会「アクスドリームカップ2011 第3回夕張復興ジュニアサッカーフェスティバル」のサブイベントとして、「フライングディスクフェスティバル」を行いました。


1日目は「ディスゲッター9」

子どもを対象に、何枚落とせるかを競いました。

DSCN5590_convert_20110810110457.jpg

DSCN5572_convert_20110810110544.jpg

最高記録は、7枚!


最初の一時間は、みんな遠目からみていましたが・・・

途中からは大盛況でした!!

何度もやりたい!というリピーターも続出しました。





2日目は「ディスゲッター・フープ」

選手3名・おとな3名のチーム戦で争いました。


DSCN5615_convert_20110810110639.jpg

DSCN5619_convert_20110810110727.jpg

DSCN5622_convert_20110810110818.jpg

DSCN5634_convert_20110810110937.jpg


「難しい!」という声もありました・・・ちょっと遠くしすぎたかも・・・

ですが、そんな中でもすべてを成功させる選手もいたり、すごくうまいお父さんもいたり・・・

盛り上がりました!



DSCN5664_convert_20110810111049.jpg


たくさんの笑顔が見れました。



参加していただいたみなさん、ありがとうございました!

車イスバスケットボール体験

さる2011年3月、夕張市で行われたフットサルの大会、「コパデ北海道 初めてのお泊り遠征大会」において、啓発事業として車イスバスケットボールのデモンストレーション及び体験会を行いました。

北海道車椅子バスケットボール連盟の協力をいただき、3年生以下の小学生に車椅子バスケットボールという「競技」のおもしろさを少しでも味わっていただけたのではないかと思います。



DSCN5013_convert_20110524115132.jpg

集まって話を聞きます。


DSCN5015_convert_20110524113831.jpg

真剣な表情です・・・




このあと、まずは、車椅子バスケットの試合を実際にやっていただきました。

スピード感!!

激しさ!!

かけひき!!

非常に熱い闘い、楽しませていただきました。

見事なシュートが決まるたび、大歓声があがりました。


110305_132043_ed.jpg

110305_132202_ed.jpg


試合を観戦した後は、実際に車椅子に乗せていただくという体験をさせていただきました。

車椅子にのることが初めての子もいました。また、競技用の車椅子は普通の車椅子とは違うため、子どもたちも四苦八苦していましたが・・・

DSCN5022_convert_20110524113911.jpg


そこはやはりすぐに吸収できる子どもたち!

最後には

DSCN5029_convert_20110524114028.jpg

DSCN5031_convert_20110524113954.jpg

すごいスピードで競争していました。

「まだやりたい!」と言って何度もレースに出走する子も・・・。



最後は、選手たちに質問タイムです。

たくさんの質問がどんどんでてくる子どもたち。

中には、大人が聞くとどきっとしてしまうような質問もありましたが、選手のみなさんは優しく笑顔で答えてくださいました。

DSCN5032_convert_20110524114104.jpg

DSCN5034_convert_20110524114151.jpg

DSCN5038_convert_20110524114228.jpg


ささやかなお礼に、子どもたちからバスケットボールを寄贈させていただきました。

DSCN5041_convert_20110524114312.jpg



最後に、集合写真。

DSCN5046_convert_20110524114350.jpg


参加してくださった方々は、このイベントを意義深いものだと評価してくださり、子どもたちも積極的に参加してくれました。応援の言葉もいただき、非常にありがたく感じました。



「車椅子バスケットボール」は「障がい者スポーツ」として、「障がい者」がやるもの、という認識が日本では多いです。しかし、ヨーロッパ、特にドイツなど「地域のスポーツクラブ」という文化が定着しているところでは、この車椅子バスケもニュースポーツとして障がいの有無に関係なく楽しまれています。
スケートやスキー、あるいはスパイクシューズを履くのと、車椅子に乗るのは同じ、そんな感覚です。
今回参加してくれた小学生たちにも、その「スポーツとしての魅力」が少しでも伝わっていたら、幸いです。


同時に、子どもたちの「障がい」というものに対する認識にも、少しでも刺激を与えたいという想いもありました。
現在の小学生と接するなかで、「障がい」があるというだけで、見下すような雰囲気を感じます。「障がい者」という言葉は悪口として使われています。無邪気すぎるほどに。
今回参加してくださった選手の方の中には、足を切断してらっしゃる方もいました。一目見ただけでは、驚いてしまいます。
ですが、その「障害」を理由にバカにできるような方だったでしょうか?
ものすごく優しくて、笑顔で接してくれて、バスケもうまくて・・・
尊敬できるところばかりでした。
子どもたちの「障がい」あるいは「障がい者」に対する認識に、一石を投じるような、そんな機会であったことを祈ってやみません。


今回協力してくださった北海道車椅子バスケットボール連盟のみなさんを始めとした関係者のみなさんに、感謝申し上げます。ありがとうございました。



あ・りーさだでは、今後も「障がい者スポーツ」の啓発事業を行っていく予定です。
ぜひやりたい、やってほしい・・・などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
プロフィール

a-risada staff

Author:a-risada staff
特定非営利活動法人 あ・りーさだのブログです。

あ・りーさだは北海道札幌市を中心に活動する団体です。障害者スポーツの普及/障害児・者の健康維持・促進を支援する活動を行っています。
このブログでは、「あ・りーさだ」の概要・活動についてお伝えします。

放課後教室の参加者募集中です!
詳しくは以下の「放課後教室について」カテゴリをご覧下さい。

後援:(財)北海道障害者スポーツ振興協会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。